e-とぴあ・かがわ 情報通信交流館

参加する楽しさを発見が一杯!ITで広がる新しい世界

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

実践ショートムービーの作り方

共催事業<さぬき映画祭> さぬきストーリー・プロジェクト 実践ショートムービーの作り方
共催事業<さぬき映画祭>さぬきストーリー・プロジェクト 実践ショートムービーの作り方
■ 共催事業<さぬき映画祭>
さぬき映画祭の新企画
さぬきストーリー・プロジェクトに投稿された「ストーリー」から「ショートムービー」を制作し応募するまでのプロセスを実践形式で学びます。


さぬき映画祭 さぬきストーリー・プロジェクト

<こんな皆さんを募集しています!>
▼ ショートムービーを応募したいけど具体的にどうすればよいのかわからない方
▼ クリエイターとしてさぬき映画祭に参加したい方


<講師紹介>
【木村 好克 (きむら よしかつ)】 (映画監督)
1973年大阪府生まれ。
大阪芸術大学大学院卒業後、助監督として映画の世界に入り多数の作品に参加。
主に本広克行監督に師事。
映画『KG カラテガール』で監督デビュー。
ショートムービー『踊る大宣伝会議、或いは私は如何にして踊るのを止めてゲームのルールを変えるに至ったか。』がYouTubeにて約300万視聴を記録する。
最近作はBSスカパー!の連続ドラマ『PANIC IN』。
制作会社プロダクション・アイジーに所属。

<ワークショップ内容>
【1.企画を立てる】
 どう映像化するのか?
 何を伝えたいのか?
 何を面白がってもらうのか?
 制作者として何に挑戦するのか?
 企画を踏まえた映像化のゴールを設定します。

【2.作品内容を練る】
 演出内容(アイデア)を考え具体的な形にします。
 字コンテまたは絵コンテに起こします。

【3.撮影準備計画を立てる】
 撮影に向けていま何が足りていないか?を洗い出す。
 ロケ地は?スタッフは?俳優は?予算は?機材は?
 応募締め切りに向けて制作スケジュールを決めます。

【4.編集体験】
 なぜ編集が必要なのか?
 編集で何が出来るのか?
 設定したゴールにたどり着いたか?
 タブレットとサンプル素材を使った編集体験を行います。

【5.作品応募(アップロード)体験】
 ファイル転送サービスへのアップロードを行います。





<募集要項>
■開催日時:2015年12月6日(日) 13:00〜17:00
■会場:情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ) クラスルームA
■対象:さぬきストーリー・プロジェクト「ショートムービー」を応募したいとお考えの方
■参加費:無料
■定員:20名(先着順)
■申込方法:当館ホームページからお申込みいただけます。
■申込方法:その他、必要事項を記入した用紙を、FAX、郵送、来館にて受付いたします。
■申込方法:※(記入用紙はご準備ください。書式は問いません)
■申込方法:※メールアドレスを明記ください。

ホームページからのお申込、また詳しいお申込み方法についてはこちらから

■申込期間:若干空席有 当日参加可能(事前にお電話にてお問い合わせください。) お問合せ先:087-822-0112
■申込期間:12月4日(金)18時まで 申込期間延長中!
■申込期間:※受講確定者にはメールにてご案内します。

■参加条件:
投稿作品から映像化したいストーリーを一つ選んでおくこと
さぬき映画祭 さぬきストーリー・プロジェクト