e-とぴあ・かがわ 情報通信交流館

参加する楽しさを発見が一杯!ITで広がる新しい世界

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

さぬき映画祭 映像塾

映像塾ショートムービーの作り方
映画を遊ぼう!誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいショートムービーの作り方について教えましょう
ワークショップについて
若手監督のスキルをぬすむ2Days!
第一線で活躍する若手映画監督を講師に迎え、グループワークによる作品制作を通してショートムービーの作り方を2日間で集中的に学ぶ講座です。
受講後は作品を制作して、「さぬき映画祭 さぬきストーリー・プロジェクト」に応募しよう!目指せグランプリ!!

チラシをこちらからダウンロードできます。

ワークショップ概要
【日程/講師】
第1回 11/3(土・祝)・4(日)/ 講師:柴田啓佑監督(さぬき映画祭ショートムービーコンペティション2016グランプリ受賞)
第1回 11/3(土・祝)・4(日)/ 講師:田中佑和監督(さぬき映画祭ショートムービーコンペティション2018グランプリ受賞)


第2回 11/10(土)・11(日)/ 講師:頃安祐良監督(さぬき映画祭ショートムービーコンペティション2017グランプリ受賞)
第2回 11/10(土)・11(日)/ 講師:山口淳太監督(ヨーロッパ企画)

【各回時間】 10時〜17時(昼休憩あり)
【定  員】 各回20名(複数回受講申し込み可能です)
【対  象】 小学生以上(
小・中学生は保護者同伴
【参 加 費】 無料
【申込締切】 2018年10/27(土)
      ※定員に満たない場合は、お申し込み締切後、開講日の2日前まで先着順にて受付をいたします。

【申込方法】 <ホームページの場合>
       「体験講座」→「講座一覧」からお申し込みください。

       <申込用紙の場合>
       こちらのチラシ裏面の受講申込用紙に必要事項を記入し、FAX、郵送、来館にてお申し込みください。

      ※定員を超えた場合は抽選となり、参加確定者にのみ、メールまたは郵送で10月31日(水)までに
       「参加証」をお送りいたします。

      <お問い合わせ・お申し込み>
      〒760-019 香川県高松市サンポート2番1号 高松シンボルタワー タワー棟4・5階
      「ショートムービーの作り方」係
      TEL 087-822-0111
      FAX 087-822-0112

講師紹介/講座内容

【映画監督 柴田啓佑(しばたけいすけ)】 オフィシャルサイト 講師 柴田啓佑
担当日:11/3(土・祝)、4(日)
静岡県生まれ。日本映画学校(現:日本映画大学)卒業。
「ひとまずすすめ」(2014)が、第8回 田辺・弁慶映画祭にてグランプリを含む映画祭史上初の4冠を受賞、他の映画祭でもグランプリなどを受賞。
運命のタネ」(2016)は、さぬき映画祭2016さぬきストーリー・プロジェクトにてグランプリを受賞。
近年ではドラマやミュージックビデオなどの演出も手がける。長編映画『あいが、そいで、こい(仮)』、短編映画『ゆえにひと(仮)』の公開間近である。

想いを、カタチに。レベルアップした作品作り
ショートムービーを、もう1つ面白くレベルアップするための実践型ワークショップです。
ストーリー、原作、テーマを決め、アイデアを考え、物語として演出をし、観客を意識した映画制作を行います。



【映画監督 田中佑和(たなかゆうわ)】 講師 田中佑和
担当日:11/3(土・祝)、4(日)
日本映画学校卒業後、師事する園子温監督の元、脚本助手、予告編制作、メイキンク゛等を手か゛ける。2015年、長編テ゛ヒ゛ュー作「青春群青色の夏」か゛テアトル新宿他にて公開。約一年間に渡る奇跡的ロンク゛ラン達成。同年、鈴木光司原作/乃木坂46伊藤万理華主演映画「アイス゛」脚本担当。鳥取CMフェスティハ゛ルク゛ランフ゜リ受賞。2018年、「HELP!!」でさぬき映画祭2018さぬきストーリー・フ゜ロシ゛ェクトショートムーヒ゛ーにてク゛ランフ゜リ受賞。

物語は変哲のない日常に溢れている
物語のヒントは日常に落ちている。日常や思い出の一コマを少し脚色するだけで、それは物語に生まれ変わる。ショートムービーだからできること。制約を逆に利用して何を描けるかを逆算して考える。




【映画監督 頃安祐良(ころやすゆうすけ)】 講師 頃安祐良
担当日:11/10(土)、11(日)
1984 年岡山県生まれ。日本大学芸術学部卒業。アイドルオタクの父親とアイドルに憧れる娘の親子関係を描いたコメディ映画『あの娘、早くババアになればいいのに』が自主映画でありながらテアトル新宿で公開されスマッシュヒットを記録。2017年、「中年よ、神話になーれ!」は、さぬき映画祭2017さぬきストーリー・プロジェクトにてグランプリを受賞。昨年、テレビ東京にて放送された『Re:Mind』(けやき坂46主演)にて数話監督を担当。

【人を撮るということ。演じるということ。】
自己紹介ではなく、他己紹介。グループの中から一人代表を決めて、その人の紹介映像を撮ってもらおうと思っています。



【映画監督 山口淳太(やまぐちじゅんた)】 (ヨーロッパ企画 講師 山口淳太
担当日:11/10(土)、11(日)
1987年生まれ。大阪府出身。
2005年、京都の劇団・ヨーロッパ企画に映像スタッフとして参加。以降、同劇団の映像全般に携わる。
内外で、テレビ番組やミュージックビデオ、CMなど制作。
また、自主映画の監督も手がけ、地方銀行員の映画監督デビューに迫ったドキュメンタリー『現役OL銀行員、映画監督をやってみた。』が、さぬき映画祭にて2年連続で上映された。

講座内容 【紙人形をつかって映画をつくろう】
紙人形を使ったペープサート映像をつくります。NHKの紙人形番組「趣味の園芸グリーンスタイル 京も一日陽だまり屋」を制作している講師と、紙人形と実写を組み合わせた楽しい映像作りを行います。
子供から大人まで、どなたでも楽しめる実践講座です。