e-とぴあ・かがわ 情報通信交流館

参加する楽しさを発見が一杯!ITで広がる新しい世界

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

擬似空撮塾

香川で撮った!タイムラプスコンテスト作品募集
 

★★擬似空撮塾 参加者募集中!!★★

チラシはこちらから(pdf)

概要・目的
  空撮によるダイナミックな映像を目にする機会が増えてきました。
擬似空撮塾では、ドローンではなく、自撮り棒や話題の最新カメラなどを用いて、より身近で手軽に空撮風の映像を撮影する「擬似空撮」を解説、体験します。
新しい映像手法を身につけ、なにげない日常風景から、香川の魅力を発信していきませんか!

講師紹介  
  【川井拓也(Takuya Kawai)】 講師 川井拓也
  株式会社ヒマナイヌ 代表取締役 ディレクター。
マルチカメラ収録と配信に関するディレクターとしてこれまでに300本以上を手がける。
2015年4月からはパーソナルメディアhimagを立ち上げ開始から4ヶ月という短期間で累計85万PV、月間40万PVに育てる。
年間100本以上のタイムラプス映像を撮影しfacebookではタイムラプス部を主宰、時空を圧縮するカジュアルな映像手法としてのタイムラプスの啓蒙活動を行っている。
雑誌ビデオサロンやPRONEWSでの連載などでも知られる。
http://himag.blog.jp/
 
☆himagより、擬似空撮関連記事!!
絶対に落ちないドローンを使って駅前で撮影してきた!
飛べないドローンOSMOで擬似空撮!これが流行る!!
参覲交代に学ぶ DJI OSMO の擬似空撮テクニック!
遂にドローンは人混みの上を安全に飛べるようになった!!
 

スケジュール  
  10:30 擬似空撮ってなに?
事例紹介(何を撮ったら面白い?)
技術紹介、撮影機材紹介
  12:00 お昼休憩
  13:00 館外撮影実習(高松市街など)
  16:00 作品上映会、講評
  17:00 終了

参加者募集要項 (事前お申し込みが必要です。)
 
【開催日時】 2016年3月20日(日) 10:30〜17:00
【会場】 情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)
【対象】 中学生以上で擬似空撮や様々な映像表現手法に興味のある方
※中学生は保護者の同伴が必須です。
【定員】 30名程度
【参加費】 無料
【準備物】 スマートフォン、自撮り棒
(必須ではありませんがお持ちいただければよりお楽しみいただけます。)
【募集期間】 〜3月15日(火)必着
お申込方法
  HPからお申し込みください。
(当館トップページ⇒体験講座⇒講座を選ぶ⇒受講申込⇒必要事項を入力、送信)
または、申込書に必要事項を記入し、FAX、郵送、来館にてお申し込みください。
※中学生は保護者の方と2名分お申し込みください。
※定員を超えた場合は抽選となります。
※受講が確定した方へ開催日までに「ワークショップ参加証」をお送りいたします。
※抽選にもれた場合の通知はいたしませんのでご了承ください。

擬似空撮塾チラシ(pdf)